自分で浮気調査はすべきではありません。その

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は逆上してしまうかも知れません。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が多数確認されています。無事に解決するためにも、浮気の証拠を押さえるためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。

 

カーナビにより浮気があるという証拠を見つけることが可能です。カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられます。履歴が見慣れない場所であった場合注意しなければいけません。それに加えて、よく給油されていた場合、車を用いてデートされている場合があります。不貞の慰謝料は200万円前後が相場ですが、ケースによっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

 


離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は低くなるのです。また、不倫の相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要とされます。無関係な人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。浮気調査の費用を節約する方法は、できる範囲のことは自分で前もって調査しておきたいものです。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。

 

パートナーの行動を毎日記録するようにすれば調査費用の節約につながるのです。毎日の出勤時間、帰ってくる時間、電話がかかってきたならば、掛ってきた時間と通話していた時間も記録しておきましょう。日々、相手の生活の様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気の事実を決定づける証拠を押さえるのには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。そして、探偵に頼む場合、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、いろいろ貴重な助言をもらえるというのも見逃せないメリットです。